LOG IN

雉も鳴かずば気づかれない世界

by ヤー子

10年前と比べたら、随分と関わる人が増えたような気がしている。

ちょうど40才だから30才の頃と比べたら。

特に自分より10も20も年下の人たちにだって。

彼らの今と、自分のその頃を比べて異なるのはWebやITが奔流していることだろうか。

つい最近東京に行って見た景色とかぶるが、手を挙げないと、声を発しないと埋もれる世界が今じゃないだろうかと。

なんて勇気がいる世界なのだろうか。

特にデジタルという世界で言葉を発することは、責を負うことと同義語のように感じる。

SNSやWebで、テキストで発信してしまうと、残るから。

口頭での言葉は流れ去る、その場限りでの言葉になることに対しての。

本能的にそれを感じ取って、WebやITから遠ざかる人は、生き物として賢いのかもしれない。

それでも、埋もれぬよう、自分は確かにここにいるのだと発信する人がいる。

自信満々の自信ではなく、ありのままの自分を認め、確かにここに存在することを伝えるために。

今はきっと、世界の瀬戸際。

OTHER SNAPS