LOG IN

船出とか餞けとか

by ヤー子

年が明ける少し前に嬉しい便りが届く。

「ヤー子さんのテーマソングが完成しました、つきましては…」


私の応援ソングを作ってくれる人が
現れるなんて思いもよらなかった。

曲を進呈してくれた人と出会ったのは
昨年の秋。

「うちも姉妹なんです、といっても成人してますが」

と、ハロウィン仕様のお菓子を
わざわざうちのチビたちが
喧嘩しないようにと2セット
携えて遠くから訪れたその人。

きちんとプレスされた
ストライプのシャツと
物腰の柔らかさや

文学部卒と教えてくれたとおり
表現豊かな言葉の使い方が
とても印象的だった。

「これからの世の中はきっと、
ビジネスのあり方も選び方も
きっと変わるはずです。
既にもう、ほら、こんなことも…」と私の方こそたくさん教えてもらった。

一応ホームページ作成についてのご相談、をお受けしていたのだが
私が本当にその人の役に立てたか
最後まで自信が持てなかったほど。

相談のあと
制作者として
ホームページを持とうとする方への
私なりのメッセージ
Webサイトで拝読しましたと。

イメージが湧き、自主的に
私のテーマ曲を着手したと連絡をくれた。

そのまま作ってもよいかと尋ねられ
もちろん、ぜひにと快諾し。


秋から冬になり年の瀬になり
シンガーの歌入れ、
Mix開始と
都度、お知らせを受け。

私のほぼ知らない音楽家たちの世界を
疑似体験させてもらいながから

時は過ぎ、年明け。

完成した曲を初めて耳にした時の
湧き上がるような
浮き上がるような

何とも言い知れない感覚。


昨年から仕事の内容を大きく変えようと
奔走していた。

ホームページが欲しいと
私のところに来てくれる人たちに

一歩踏み出す人に必要なものは
答えではなくて
答えを導き出すための力ではないかと。

始めの一歩だけ、後押しするだけ。
これまでのやり方を大きく変えて。

正解かどうかはわからない。

でも、その方向だけは
「間違ってないですよ」と
逆に後押ししていただいた気がする。
一歩を踏み出す人の側から。


そんな体験をいただいた
2018年の始まりでして
私はいったい何を返していけるのだろうかと
思考を巡らせています。

その方から以外にも
いただいた物の方が多かった2017年。

多分また、色々なことが起こりそうですが
みなさま本年もどうぞよろしくお願いします。


曲のタイトルは「Break a leg!」
欧米において、舞台の出演者などに向けて、”Good luck!”の代わりに掛ける言葉とのこと。
作詞作曲・企画のfillinさま、
シンガーのMAYUKAさま、
レコーディング・ピアノ演奏その他、
Tohru Yamaguchiさま、ありがとうございました。


photo by Masahiro

お知らせ

シェアオフィス移転イベントは日時だけ決まりました。
2月12日(月)祝日
時間は10時から14時ぐらいまで。
詳細が決まり次第またホームページやFacebookなどでご紹介させていただきます。


ヤー子
OTHER SNAPS