LOG IN

途切れない、道

by ヤー子

これから一緒に何かしませんか?
と声をかけていただくことが
少々あったので

今の時点で「こんなこと」
しようとしていることを
ここに残しておきます。

もし、何かご一緒できたら嬉しい。


先日落ちたビジネスプランの内容が
「こんなこと」そのもので。


ひとことで言うと?

「ママが未来を再デザインする
   ホームページ作成教室」
字数制限あったので、考えるのに苦労。


誰に向けて?

産休育休の制度が無かったり、
形だけであったりして
周りに迷惑かけられないと退職した女性。

ママ限定ではなく、
自分の病気や
家族の介護などの理由で
本来進むはずの道を外れてしまった人たち


何を提供するつもりだった?

Jimdoをベースにした
個人事業主向けの
ホームページ作成のスキルの習得。
習得後は在宅ワーカーや
ホームページ作りを教える人に。


提供したらどうなる?

場所や時間の制限を無くし、
少額でも確実に稼ぐことができて
その間に
自分の未来を再設計できるといいと。

ずっと在宅でもいいし、
独立してもいい、
子供の手が離れたら再就職、
副業にしてもいい。
ブランク期間をゼロにしなくていい。

また、ホームページが欲しいけど、
制作会社に頼むには予算的に難しい
小規模事業者さんと繋ぐこと。

ホームページに数十万はかけられなくても
数万円なら。

最初は簡単なものでいいから作ってほしいという小規模事業者さんは
地方にはまだまだ沢山いて。

私が知っている、
困っている人たちを
お互いの顔の見える距離で
繋ぐことでした。


最終的に成し遂げたかったことは?

価値観が多様化したとは言っても
地方で子供を産んだ女性の選択肢って
そこまで増えただろうか?

フルタイムで働くか、専業主婦か。

その間の選択肢が増えたら、
母親たちの世界がもっと心地よくなって、結果として子供たちの世界も
もっと楽しくなるといい。


1人では難しくても

「ホームページが欲しい」と言ってくれる人がいても、今の、子育てをメインにしたい自分1人では、制作業務を一人で負うのは難しかった。

もしも自分が倒れたら
お客様はどうなるのだろう?

私が倒れても何とかなるように
Jimdoをベースにした
ホームページ作成者になることはできた。

それだけでは足りず。


会社にするには、
使える時間も経験も能力も
ネットワークも足りない。

6割で回る仕組みを考え、
作ることに全力を注ぐ。

できることは、自分と同じような人を
自分のペースで増やすこと。
そして皆で助け合える環境をつくる。

コンテストには落ちたけど
三年後や五年後の達成を目指して
動いています。


細かくはどこかに残しておきたいな
と思いますが
だいたいこんな感じで出しました。


ビジネスプランコンテストって何か
壮大なもののように思えて
気が引けたけど

誰かに自分がしたいことを
説明したかったら
その誰かに届く言葉で
実現可能かどうか(費用は?)
数字で証明しなければならず。

そんな難しいハードルでも
助けてくれる人が
沢山いることに気づきました。

でも、まず手を挙げないといけない。

最初の一歩だけ何とかクリアしたら
あとは自分が思う以上に
動くのではないかと思います。

落ちても
無駄じゃなかったので、
もしよかったら
また誰か一緒にトライしましょう。

戦う場所は違っても、
同じく足掻き動く人たちは
きっと戦友に近くて。

ダメでもその時は今回したみたいに
残念飲み会、ご一緒しましょう。

これも、一歩無くては、ですよね。

photo  by Masahiro


ヤー子
OTHER SNAPS