LOG IN

g.o.a.tの感想

by ヤー子

今年の3月21日から始めたg.o.a.t。

途中長く放置したり
再開したりとムラはあったけれど
年末も近くなってきたのでなんとなく
まとめてみました。

何故g.o.a.tを始めたのか?

Facebookのタイムラインで
様々な事情があって
親とは暮らせない子供たちが
「二分の一成人式が辛い」
とこぼしていると
その施設のサポートをしている男性が
投稿していて

施設の子たちは
「平気」と嘘をついてしまう子や
なかには
みんなと合わせた発表をと
先生から指示されることもあると。

ザワザワしました。
けれど、その立場にない人たちに
理解してもらうことは難しいことも知っていたので。

実体験からの
「子供の頃にそれされたら、キツイ。
 それ以外に方法はないのかな」

匿名だと発言に力はないと思って
身元は明かし。
(世の中には地位もあるのに「ど」直球で発信する方もいるので、それに比べたら私が身元を明かすなんて)

けれどデジタルの世界で発信すると、こちらが意図したよりも違う意味で受けとられるのではないかと懸念があったため、SNSや他のブログサービスではなくg.o.a.tを選びました。

綺麗な写真たちがきっと
行間を埋めてくれるだろうと。
(g.o.a.tにはブログに使える写真素材がたくさんあります)

最後の一文が
あの時言いたかったことの全てです。

初回投稿以後は

始めたからにはしばらく続けてみようかと日々頭に浮かんだことや
記憶から消えずに残ったことを綴っていましたが
写真と文章の組み合わせで
こんなに言葉が出やすくなるのかと驚き。

FacebookやInstagramなどのSNSが
点だとしたら
g.o.a.tで発信しているのは面。

たくさんの面があって
自分という人間の形が浮かび上がるイメージ。
他のブログサービスやSNSではできない投稿でした。

集客やSEOのためでなく
思いつくままに
次はどんな表現ができるのだろう?
こんな使い方もできるのか、と
多分ワクワクしていました。

が、許容量を超す仕事を
自らの判断ミスで受けてしまい
その後更新はストップ。

g.o.a.tミートアップに申し込み後

仕事の大きな山を超えたのもあるけど、
単純に気持ちが上がり、投稿を再開。

時間の自由が欲しくて起業したのに
現実は全く違い。
友人の一言が突き刺さった瞬間を綴ったもの。

その後g.o.a.tのミートアップで質問された言葉を発端に、過去と今がリンクしていきます。

その流れのラストは、
ブログタイトルの由来。

これも言いたいことは最後の一節で。

最近の傾向は

次に友人の一言を発端とした、仕事への気持ちや状況、変化を綴ってます。
直近のものはつぶやき三部作。
ほぼ独り言に近いです。

写真って
ホームページ作りにはとても重要で。
私が考えていた写真撮影についてボソっと。
人の皺とか、ペンキ汚れに萌える話。

小さな事業者だけれど(だから?)
生き残るために色々変えて行こうと
決意を新たに。

足元の範囲の中で
ハッピー目指してやって行こう。
ここで一旦落ち着きます。

これから

自分にとっての幸福の源泉
というものが何なのか
ようやく見えてきて
ここ数年ぶりの大きな変化。

仕事も、子供たちとの関係も。

今までの記事は
一番伝えたいことのために
過去のことも触れていたけれど
これからは
現在がメインになりそうな予想です。

チビ1が描いたこんなのとか

私が描いたこんなのとか。
ごく日常のこと。

photo by HARI

知人のアマチュアカメラマンさんから
素材を提供してもらい
オリジナルの写真素材を使い出したので
こちらでも何か変化があるかもしれません。

g.o.a.tもこの先、進化や変化があれば、
また違うワクワクから
新しい発想が生まれるかもしません。

このワクワクこそが、
私がg.o.a.tを続けている原動力です。

あ、あのことを、あのフォームで発信したいと動かしてくれる何か。

もしg.o.a.tを始めてみたいと迷っている方は
まず実践してみてはいかがでしょうか。

そもそもブログの成功と失敗とは何なのか。
始めないで失う時間や
あの時始めておけばよかったかなと
後悔する方が勿体無いかもしれません。

なんたってブログなんですから、
気軽にいけます。

これから始めたいと言ってくれたあの人なら
どんなブログになるんだろうと
考えるだけでワクワク。

個人的には愛猫や愛犬ブログとか
見てみたいです。

お料理教室のブログもいいですね。

友達の育児ブログも
g.o.a.tで再開したら楽しそう。

ではでは。


photo by HARI


ヤー子
OTHER SNAPS