LOG IN

海がほどける場所

「ヤー子さんのブログ、『ほどける海』って、こんなイメージなんです。」 イメージは既に持っていたけれど、そう言って見せてくれた本にはこんなことが書かれていた。 既知と未知。一見矛盾するような相反するコントラストの間を、振り子のように幾度となく行き来する。その移ろいの中にこそ、新たな気づき、発想、創造が生じる。海と陸を両方感じさせる「波打

お盆の夜に

「ヤー子さん、最近は夜遅うまで仕事しとらんのかね?」「してないですよ、お義母さん。去年はみんなが寝てからの仕事も多かったですけどね」「そりゃぁよかった。言うたらなんじゃけど、ヤー子さんも若うないけぇ、心配しとったんよ。」「40ですもんねぇ」「そうよ、去年から髪もパサパサになっとってから。ヤー子さん、年とってから二人も産んだんじゃけ

夏はこれから

早いものでもう八月。子供達の夏休みに合わせて、起業してから初めて長い休みをとって十日以上。夏休み前に思い描いていた、「二度と来ぬ幼い子供たちとの夏休み」という何かキラキラしたものではなく、「ゴミをそこに捨てない!」「脱いだものは洗濯かご〜」とか「使ったものはお片づけ!」とか、毎日毎日同じことで何かしら怒っている、こってりとした日常

達人たちを臨む

「ねえねえママ、かめら、して」 「あー、いいけど、何するの?」 「こうして…じゃんぷ、とうちゃく、うおー(成功)!!」 そうか、君たちは達人なのだな。いつもああだこうだと頭で考えてばかりで、思い切り楽しむことが少し苦手なママだから、みんなを見習わせてもらおうと思う。ママにとっても夏休みまで、あと少し。 臨む…それを目の前にする。 photo by Mas

不意打ち名人

去年の終わりか、今年の始まりごろ。「目先の利益ばかり追っちゃダメだよ」ほら普段私と仕事の話をしたがらないのに、突然痛いところを突いてくる。この人は。仕事の内容を変えるなら、今までと変えなければならないと思っていたことも多く。そんななかで言われた言葉。「わからない、教えてって来たら?それが誰でも、できるだけ教えるよ」「それが、ライバ